0

SDGsの目標:7エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

目標7のポイント

  • すべての人が手ごろなかくで近代的なエネルギーを使える
  • 環境かんきょうに良いクリーンな再生さいせい可能かのうエネルギーを増やす
蒸れない メンズ ボクサー パンツ 前開き 陰嚢 陰茎 上向き 分離型 機能性 下着 ファッション トランクス 2枚セット【AQ-1?9(2セット)】

電気を使えない人は7.9億人も

電気やガスなどわたしたちの生活に欠かせないエネルギー。しかし,世界ではいまだに(空調用フィルター)ミドリ安全 フラット型中性能フィルタ(BE型 厚み150mm) BE30.561150N-70J※1

電気が使えないいきでは,まきや炭をやして,料理をしたりだんぼうに使ったりしています。その数は約28億人。けむり金属製 花の壁飾り L:17X3.5INCH シルバー SLpf20170610よごれた空気で健康をそこなうことにもなります。また,まずしい人々は,夜でも明かりを使うことができず,仕事や勉強ができません。じょうこくでは,外灯のあかりで勉強をする子どももいます。


くヒント

地球温暖化の原因に

18世紀の産業かくめいこう,人口組立設置付 日本製_ヘッドレス大容量コンパクトチェストベッド Creacion クリージョン 薄型プレミアムボンネルコイルマットレス付き シングル ショート丈特別価格AMOOK iPad 9.7 2018/2017 ケース iPad 第6/5世代ケース 調節可能なフォリオスマートカバースタンド 耐衝撃ケース 9.7好評販売中はってんでエネルギーの消費は急速にえてきました。今後もアジアやアフリカのけいざいの成長に合わせて,エネルギー消費がますますえると考えられています。

げんざいのエネルギーは,石油,石炭,天然ガスなどの化石燃料を元にしたエネルギーが中心です。しかし,化石燃料は,エネルギーを作り出すときに二酸化炭素が発生し,それが地球温暖化おんだんかの原因の一つになっている事を忘れてはいけません。このまま化石エネルギーの消費量がえ続けると,地球おんだんや気候変動がますますしんこくになるといわれています。

さいせいのうエネルギーとは

そこで未来のエネルギーとして,世界が力を入れているのがさいせいのうエネルギーです。世界の最終消費エネルギーの約17.9%がさいせいのうエネルギーで,先進国を中心に積極的にどうにゅうされています。

【予約中!】 端子台接続ケーブル 4.5m 白色 TC100C用 (KIV TV R38-8) 丸型圧着端子 38sq 電線、ケーブル

さいせいのうエネルギー…太陽光,水力,風力,バイオマス,地熱などの自然の力から生み出すエネルギー。使用してもげんずっと使えるロングライフデザインベッド ボンネルコイルマットレス付き ワイドK180 カラー【ダークブラウン】さいせいすることがのうなので,石油などの化石ねんりょうのようにげんがなくなる心配がない。また,二酸化炭素を出すこともなく,かんきょうにもやさしい安全でクリーンなエネルギー。


【予約中!】 端子台接続ケーブル 4.5m 白色 TC100C用 (KIV TV R38-8) 丸型圧着端子 38sq 電線、ケーブル

これからのエネルギーとして,各国が積極的にどうにゅうを進めているさいせいのうエネルギー。さいせいのうエネルギーの各国じょうを調べることで,未来のエネルギーについて考えてみることも,わたしたちにできることのひとつです。

さいせい送料無料 代引き不可 エッシェンバッハ LEDワイドライトルーペ (4倍) 角型 1511-4のうエネルギーの発電量が多いのは,中国とアメリカで,この2つの国はとっしゅつして発電量が多くなっています。また,発電量にめるさいせいのうエネルギーの割合(一人当たり)が高いのは,デンマークやドイツなどヨーロッパの国々。特に風力発電のさかんなデンマークでは,自分の国の発電量の4わり以上が風力発電です。他の国のさいせいエネルギーのどうにゅうを調べることで,これからのわたしたちのエネルギーのあり方のヒントがみつかるかもしれません。

日本のエネルギーの問題について調べてみるのもいいでしょう。エネルギーげんの大半を海外からのにゅうたよっている日本。日本は世界第5位のエネルギー消費国でありながら,エネルギーきゅうりつはわずか11.8%※2。これは先進国の中でもきわめて低く,エネルギーげんのほとんどを海外からのにゅう遠藤照明 LEDダウンライト ERD7573W ※電源ユニット別売っているじょうきょうです。

TRUSCO トラスコ中山 テクセルSAINT使用防音パネル Shizumare 4枚セット(連結可能タイプ) SBOP-4ごろから節電を心がけ,エネルギーを上手に使うふうをすることも,わたしたちにできることのひとつです。

原稿作成:日経BP/東京書籍
協力:一般社団法人SDGs市民ネットワーク

MAIL.TFGMINISTRIES.COM RSS